« 同年代官僚(どうねんだいかんたち)の悲哀 | トップページ | 阿吽散数値 - 新旧・官邸番の誤算 »

2018年3月28日 (水)

ウソつきな正直者

  ●3学期の会話●

 母 親 「3学期終わったけど通知表は?」

 子ども 「もらってない」

 (翌日)

 母 親 「朝日小学校に聞いたら渡したと言ってるわよ」

 子ども 「なくした」

 (一年後)

 母 親 「去年の通知表、押し入れの奥から出てきたじゃないの!

 しかも算数”1”が”4”に改ざんされてるわ、一体どういうこと?」

 子ども 「理由は言えない(実は成績が上がらないことで、家庭教師のあきえ先生が首になることを忖度)」

  ●ディベートなるもの●

 大昔の松下政経塾時代、ハーバード・ビジネス・スクールのメソドというのを使って、ディベート練習をさせられたことがある。

 ケーススタディには例えば「タイに大丸が進出する」(←まさに大昔のトピックだが、当時は資本主義の手先、経済侵略みたいに言う人が少なくなかった)などなどの話があり、利害関係者に分かれておのが正当性を主張する訳だ。

 配役決めの際、面白半分にレフティには「大丸」、逆に資本の手先キャラに進出反対派をやらせてみた。

 市民運動キャラが大企業の論理を振りかざし「タイが先進国になるチャンス」と持ち上げ、「データをよご覧ください。百貨店ができ人が集まることにより道端の屋台もかえって儲かるようになります」となだめすかし・・・挙句には「お前らいい加減に時代の流れを理解しろや」と怒鳴ったり。

 一方では権力や資本主義の権化みたいな奴が、「タイには百貨店ましてや外国資本なぞ要らない。そんなものができたら道端の屋台のおばちゃんたちの生活のみならず、タイ文化そのものが駄目になる」なぞと反論したりする。

 のだが・・・中にはどちらの立場にたっても相手をみごとに論破してしまう「優秀」な奴もいた。

 その後、そいつらの雄弁な主義主張がイマイチ信用度を欠くものに見えてしまったのは言うまでもない。

  ●陪審員は見た●

 さて。

 昨日、佐川前国税庁長官の証人喚問があったが、佐川氏の「優秀」さはそうした「ハーバード」クラス、しかし必死で主張していることは冒頭の「小学生」レベルの内容だ。

 彼が「刑事訴追の恐れ」と逃げた回数は朝日新聞では40回超、読売新聞には50回とある。

 心理学者やなんとかリストたちは彼のことを「ウソをつく時、断定口調に」等々と分析しているが、結局は証言拒否理由である「刑事訴追」云々(でんでん)を「天下り先が欲しいので(内閣が吹っ飛びかねないので)答えたくない」と置き換えるだけだから、1億2千万人いる「陪審員」の少なからずには、比較的容易に真実のありかが想像できたろう。

 この元・長官様のような人を、ウソつきな正直者(以下「HL」」:オネスト+ライヤー)という。

  ●饒舌の嵐●

 もし機会があれば、是枝監督(先日妻が「無戸籍問題」で対談)に、彼を主人公にした映画を撮ってもらいたい。

 タイトルは「饒舌」(遠藤周作「沈黙」の反対)、あるいは「財務官僚S」ってな感じ?

 「あの」福島に生まれ、身長155センチ??。中学の時に父親がなくなり兄たちが学費を工面。高校時代のバレンタインデーでは(絶対もらえないだろうからと)女子生徒から新聞包みのいたずらチョトレートでからかわれたりもした。が、何かを払拭しリベンジするかのように勉学に励み二浪後、東大経済学部入学。勢いづいた「上昇志向」はそこでも止まらず国家公務員試験、しかも財務省に合格した。そしてその後も省内で有名な「恐竜」に成長 (しかし人生まさかの坂)などなど・・・彼の人生はまさに絵にかいたような内容だ。

 (充実充実充実)

 そして、その脇を固めるのはもちろん籠池さん・首相夫妻、麻生大臣ほか、「作りこみすぎ」とも思えるキャラクターだ。

 映画前半のクライマックスはもちろん、自民党からも財務省からも梯子を外されたのを分かっていながら主人公が「悲しい美学」に殉ずる、昨日のシーンである。

  ●官僚の浅知恵●

 ところで。

 そんな多士済々の脇役陣の中、もう一人忘れてはならない人物がいる。

 官邸経験者である江田憲司氏らが指摘する、ストーリーの「司令塔」役を果たしてきたであろう「彼」。

 「スーダン撤退」「国民栄誉賞」「地下鉄サリン犯らの死刑」などなど事態がやばくなった時には露骨に話題をそらし、先日の喚問でもトップバッターに「元アナウンサーの丸川珠代」、中盤の公明党には「自殺者への思い」を質問をさせるなど・・・あまりに見え見えな情報操作を画策しているのも、おそらく「彼」らだろう。

 官僚の浅知恵を絵に描いたような・・・「HL2号」の登場である。

 その「彼」が2015年9月の3日間に大阪に残り諸調整をおこなったのではという指摘が(これまた一見「HL」な)首相をたいそう慌てさせている。

 https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abe-panic/

 果たして、国民はそこまでバカか賢明か?

 あるいはバカに見えててそうでもないのか?

 「彼」との闘いは今日も続いている。

 ●どんでん返し?●

 3月25日版毎日新聞「時代の嵐」では、藻谷浩介さんが「”知らなかった””知らなかったはずはない”の応酬をいつまで続けるのか?」「”仮に知らなかったのなら、そっちの方が問題だ”という議論をなぜしない?」と言っておられた。

 それはそれでなるほどだ。

 が・・・。

 むしろこれから疑われてくるのは「”首相が妻をかばっている”のではなく、(教育勅語小学校実現をきわめて本気に望んできた)首相を(国中からたわけ者扱いされてまで)かばってきた妻」という、どんでん返しなストーリーかも知れない。

 「1号」「2号」は多分(自分ではどんなに頭がいいと思っていても)ただの凡人グループ。

 が、首相にもならんとする人、党のルールを変えてまで一族の念願を達成しようとする人は(たとえ勉強なぞ全くできなくても)そんじょそこらの「3号」じゃない、という結末を迎える可能性は低くない。

 不支持理由のトップが「人柄を信用できない」というのはいかにも痛烈で、かつなかなか意味深である。

|

« 同年代官僚(どうねんだいかんたち)の悲哀 | トップページ | 阿吽散数値 - 新旧・官邸番の誤算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79824/73193805

この記事へのトラックバック一覧です: ウソつきな正直者:

« 同年代官僚(どうねんだいかんたち)の悲哀 | トップページ | 阿吽散数値 - 新旧・官邸番の誤算 »