« 少年よ、アルマーニに学べ | トップページ | 既に亡国の民たり »

2018年2月23日 (金)

北近畿・DMOと連携


 21日、大阪で開催された「インバウンドフォーラム」に、海の京都DMOの今井局長、京丹後市の木村部長、WILLER TRAINの寒竹社長、とト屋女将の池田さんがお越しになるというので参加させていただきました。
http://www.smrj.go.jp/kinki/seminar/098927.html

 経済産業省系の催しだったこともあり、「地域経済を考えた場合に大事なのは”何人来たか”ではなく、”いくらお金が落ちたか”」(寒竹社長)、「泊まる理由がないならそれを作ろう」「体験メニューでも時給2000円は取るべき」(池田さん)といったお言葉がとても印象的で、とても元気が出る内容でした。 

 かねてから「近畿は南北3分割でアピール(連携)すべき」また「そこを訪れるに至らせるには”あんこ”が不可欠(”あんこ”の形成 + 遠隔地対策の面でも”連携”が要る)」と考えてきた当方的には

①府県ごとにやっていく部分に加え、「関西に行きたい」と「海の京都に行きたい」の中間部分(北近畿に行ってみよう)のアピールも有効  →そのためにはまず海の京都+(東からの入口である)滋賀県域の連携が要る

インバウンド成功地はいずれも「日本一であること」のアピールができている(例:城崎=日本を代表する温泉、高野山=世界有数の仏教都市)→北近畿の"あんこ"は「世界一の和食エリア」(越前ガニ・但馬牛・京野菜・篠山の豆、若狭=古代よりの御食つ国=都への食材供給地)たることでは?   

③大阪・名古屋・東京市場を狙う際にも連携が不可欠 

→ 歴史関係はテーマが複数に及ぶので部分連携も

(例:安土城+竹田城+彦根城。

 発展型として、名古屋(江戸城)・大阪城を巻き込んだ「三(四)大英傑」連携=安土城・大阪城・天王山・名古屋城+福知山城? も)

 といったことを、議論を聞きながら考えていました。
      


   あと、ちょっと今頃という感じなのですが、10月開催のDMOシンポの様子がアップされているのを発見しました(北の今井氏、南の多田氏、日経経済教室でおなじみの高橋一夫氏あとは当方ほか出演)。          

 https://www.projectdesign.jp/201712/dmo-osaka/004197.php

  当方が一応、関西担当の常務理事をやっているDMO推進機構では本秋、全国各地で5度にわたるシンポジウムを展開し、DMOに関連する疑問点の解消、問題点の抽出などを行ってきました。

  また、それらのまとめとなる第二回全国大会を1月末に東京で開催しています。

 https://ja-jp.facebook.com/DMOjapan/

 https://www.mpd.ac.jp/event/dmo2018/

Photo
 (シンポ控室にて:後列中央=伊藤達也 元・金融相&地方創成・国家戦略特区担当大臣補佐官=松下政経塾の後輩。右=田中里沙さん=事業構想大学院大学学長。前列は井手さん=イデアパートナーズ代表=福岡 と 鶴田さん=ハットウオンパク代表=別府。いずれも観光まちづくりの盟友)

|

« 少年よ、アルマーニに学べ | トップページ | 既に亡国の民たり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79824/72983878

この記事へのトラックバック一覧です: 北近畿・DMOと連携:

« 少年よ、アルマーニに学べ | トップページ | 既に亡国の民たり »