« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月13日 (月)

世界遺産サミットin石見銀山(第三分科会)

 世界遺産サミットin石見銀山、第三分科会は「オペラハウス大森座」にて、世界遺産の魅力を伝える(世界遺産地域間の同種組織の連携)と題して行われました。

 パネリストは富岡製糸場のある富岡からNPO産業観光学習館専務理事の佐滝剛弘さん。明治日本の産業革命遺産を持つ長崎から長崎コンプラドール代表の桐野耕一さん(コンプラドールとはポルトガル語で仲買人という意味)。そして世界遺産第一号指定の法隆寺がある斑鳩町からは斑鳩の里・観光ボランティアの会会長の吉原淳一さん。地元、石見銀山ガイドの会からは安立聖会長にお出ましいただきました。

171109iwami2171109iwami1171109iwami3

世界遺産は「特筆すべき世界的価値」を基準に選ばれており、それぞれに成り立ちや観光地としての条件が違います。

従って「ガイド団体」のスタンスや運営方法もそれぞれに異なることになります。

例えばガイドが「有料か無料か」「要予約か予約なしか」といった基本部分についても、斑鳩は無料で予約不要、反対に長崎は有料で要予約。富岡と石見がその中間という感じに分かれます。

具体的には、富岡は予約不要で入場料に加え有料案内の有無を選択する方法、石見は原則要予約だが並行してワンコイン定点案内を実施されているという具合です。

とはいえ、お互いの工夫点の中に大いに参考となるポイントもあれば、各団体に共通する悩みや課題があったりもします。

例えば、ガイド内容については石見と富岡が標準化されているのに対し、斑鳩と長崎ではむしろ個人的アレンジを重視しているという違いがあります。が、その中で、石見はクオリティコントロールのために検定試験の合格者のみをガイドにする体制をとっておられます

富岡の佐滝さんからは共通案内の際の工夫点の1つとして「遺産としての紹介にとどまらず、現代・未来とのつながりを示す」ことを挙げられました。富岡製糸場の織機は日産製で、同社は実はそうした技術を基に自動車に参入し、今は無人運転をリードしているということなのだそうです。

対して(個人技重視の)斑鳩では修学旅行から建築等々の専門家、また特定の書籍やTV番組を見た歴史ファンまでが顧客となるため、ガイド間の情報交換の場を作り継続することが会としての大事な役割になっているとのことでした。

一方、「メンバーの高齢化」という少なからずの語り部系組織に共通する悩みに対し、「長崎さるく博」の立ち上げや推進にかかわった方々を中心に設立された桐野さんの取り組みが、大いに参考になったと思います。

若者の巻き込み・育成をどうやっておられるのかということですが、その1つは大学との提携。ガイド経験をした学生は「コミュニケーション能力」が大いに鍛えられ、就活でも好成績を収めているということでした。

さて、各地域共通の最大の課題といえば、何と言っても観光収入による遺産保全ということになるでしょう。

もちろん、観光客数のみで世界遺産を評価するのは間違いです。

石見ではUIターンにより小学生の数が増え、世界遺産の周辺部に養蚕業が残る富岡でもそうした職に就きたいという若者が出てきたといった新しい「世界遺産効果」の芽が披露されました。

一方では、特に産業遺産ではガイドの有無が最大のポイントなのに、行政が各団体任せにしている現状はいかがかなものかといった嘆きもありました。

他方、夜の部では(分かっている者どうしで話す分にはいいが)多くの関係者が「別に観光客数などどうでもいい」と口に出した所から衰退が始まる、といったシビアな意見も出ていました。


繰り返しになりますが、世界遺産地域におけるガイド団体はそれぞれに成り立ちや運営方法が違います。しかし、それぞれによく似た悩みや課題、また今後の展望を持っているという部分や、それぞれの進んだノウハウや考え方を学びあう余地も大いにあります。今回の会がそうしたことの交流の第一歩になればと思います。 

と、同時に、今回の「ガイド」団体間の交流にとどまらず、例えば商工会議所や青年会議所どうしとか、博物館や一番旅館どうしとか、小学校間、商店街間というふうに・・・世界遺産をもつ街の同種組織どうしの交流が、今回のサミットを出発点に進んで行けばいいなあということを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行事行事行事

 10月10日、大阪でDMOシンポ。

 主催者であるDMO推進機構の一応関西担当常務理事をしている関係で、準備運営とパネリスト出演。

 DMO関係では松下政経塾筋肉系後輩の大社充氏(元・京大アメフトの最優秀選手)や30年近いおつきあいとなる高橋一夫氏(JTB→近大教授)、また「南北3つに分けた関西振興」の観点からは「海の京都」(本部は京丹後市)、田辺市熊野TBの多田さんらと意見交換できよかった。

 で、10月22日までが衆議院選挙+台風。

 開票明けの23日に「紀伊山地三霊場会議」シンポの大阪版。

 次いで10月25日からは3回目となる京都二条城での「アートアクアリウム」(12月まで)。

  http://artaquarium.jp/kyoto2017/

 ところで、この「三霊場会議」シンポ。

 実は12月9日に東京での開催も予定しており、以上が終了した月末からは熊野本宮大社などとの打ち合わせ。

 田辺市からの「熊野古道号」はほぼ全員が外国人で・・・おまけに「大斎原」(おおゆのはら:もともと本宮大社があった場所で、何度も言うが「子宮」の形をしており、人々はここに入りまたそこからでて「蘇る」)で出会った人もほとんど外国人だった。

 彼らの方が熊野の何たるかをよく知っていることに少しびっくりしつつ・・・それもこれも多田さんの所がブラッド氏(業界ではかなり有名なカナダ人スタッフ)中心にきちんとした一次情報を発信されているからこそだと納得。

171113kumanobus171113hongu

 

 その後、11月7・8日にも同行事準備のため上京。

 会場打ち合わせに加え、三重・奈良・和歌山の東京事務所、文化庁・環境庁、文部科学・国土交通記者クラブなど。

 あわせて来年「世界文化遺産地域連携会議」の社団法人化をするため役員の東洋大学・島川氏と有川さん(世界遺産劇場  http://www.sekaiisangekijyou.com/m_index.html 主宰)のところを回る。

 さらに8日夜からは、その足で島根県 (by Air)。

 松江に一泊後、翌9日から11日までが「世界遺産サミットin石見銀山」。

 地元大田市長はもちろん平泉町長、厳島神社の廿日市市長、五箇山を持つ南砺市長、紀伊山地からは天川村長、国立西洋美術館の東京都台東区副区長、次年度開催地からは姫路市の副市長。

 今回より、開催市に無理を言い「連携の深化」をテーマに、3つの分科会を開催することになった。

 第1分科会は「西日本連携」についてで、大田・広島・廿日市・萩・姫路の行政より。

 第2は「民間まちづくりリーダー間の連携」ということで日光・岡井氏、白川郷・三島氏、田辺の多田さんと地元・大田市より。

 で、当方が直接担当(コーディネーター)をした第3分科会は「ガイド組織間の連携」。パネリストは富岡の佐滝さん、法隆寺の吉原さん、石見からは安立さん、長崎の桐野さんだった。

 内容は別途ご紹介するとして・・・「夜の部」ふくめ、世界遺産関係者間のいい「縁結び」になったのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

大山鳴動 三題

 鳴動した大山を仰ぎ見て詠める
荒れた前原を
平に耕す人在り
山桜の枝を
立てる民も居り

小池の小沢、橋下に人の姿なく
穂高荒れ、日本のこころは消ゆ
あべしん居り、いしん在り、みんしん在り

合うふうな弁の結末
ただ希望の光ゆらぎ、恣意巧迷の影が差す










 
 妻の遊びに57億、奢ることを夢見つつ詠める
迷首相
トランプに尾を
振りまくり
虎の尾を踏む
アジア外交 
 
 (折句)
習い事
近くにあるは
平凡で
馬鹿でも入れる
面倒な塾 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »