« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月27日 (金)

総選挙総括⑤ その他、この間に判明したこと

 (その1)「想定」しておくべき最悪のシナリオ

 安倍首相続投

 ⇒トランプ・安倍会談

 ⇒北朝鮮への徹底「圧力」・包囲網貫徹(+武力行使?)への?協力要請受諾

 ⇒北朝鮮「当然」屈服せず(戦前の日本と同じ)

    →①9条改憲発議 →大論争 →国民投票 →結果は?

    →②(上記の結果が出る前に?)北朝鮮暴発、もしくは米軍先制攻撃

    →有事

   (→屋台みたいな迎撃装置、1つもミサイル落とせず:笑)

   (→自衛隊員その他に犠牲者)

 ⇒国民、ようやくにして「アベのリスク」を認識

 (その2)多摩川巨人軍

 衆院選総括②でも少し書いたが、今回、希望の党から出馬した人の少なからずは「(思想・政策・目指すべき社会像がどうこうではなく)ただ政治家になりたかった人」、さらに言うなら「できれば(一番力を持つブランドである)自民党から出馬したかった人」である。

 当方は(今回も各党から50人位が出馬した)松下政経塾にいたので、そうした人々の実態は割とよく分かっているつもりだ。

 言い換えれば、そもそも旧民主党、あるいは民進党が駄目だったのは、別に「左右いろんな意見の議員がいた」からではなかった。

 昨日のドラフト会議に例えれば・・・民進党右派と呼ばれる人々の少なからずは実は「第一志望・巨人軍」だったのだ。

 当方もそうだが、彼らは全共闘世代の挫折を身近な伝説に聞き、政治と言えば事実上自民党しかないような時代に育った。

 テレビで巨人戦以外やってない頃の子どもが自然「大鵬・卵焼き」好きになるのと同じで・・・こんな当方にすら、その空気感は理解できる。

 だが。

 残念ながら政治の中心「巨人軍」には(すでに枠満杯等々の理由で)入れなかった。

 そこで、彼らは「反・巨人」というグループに参加し、とりあえずは改革者を演じることにした。

 が、しかし。

 「反・巨人」軍は常にぎくしゃくしその人気は低迷。

 そしてこの度、ついにそれが「多摩川巨人軍」と「阪神タイガース」に分裂した、という訳である。

 いやはや。

 先にも書いたが、希望の党に移る際に、あれを「踏み絵」だと感じた人は多分半分くらいしかいなかったんじゃないかな???

 こうした見立てが外れておらず、旧民主党や民進党の少なからずがそうだったとすれば、それこそが彼らが革新政党としての機能や迫力を持ち得なかった本当の理由である。

 幸か不幸か。

 前原・小池が事実上政治生命を失い、また岡田さん・菅さんらは長老扱いとなって・・・そんな「日本新党」や「さきがけ」創業世代の生き残りは、もはや枝野さんだけ?になった。

 だからよくなるのか、そうではないのかは全く別だが。

 「大鵬・卵焼き」世代、新党創業世代を飛び越え、急速に世代交代が進んだというのも、実は今回選挙の大きな特徴だったかも知れない。

 

 (その3)母の豹変?

 さて、それにしても。

 国民は、小泉氏が「郵政民営化に反対するなら公認しない」と言った際には拍手喝采だった。

 つまり、日本人は別に必ずしも「排除すること」自体が嫌いだった訳ではない。

 だが、小池氏が「排除」と言ったことには大ブーイングが起きた。

  一体これはなんなのだろうか?

  女子差別?

 というよりも。むしろ。

 大多数の男は母親に裏切られるのが一番辛い?

 女の多くも「そういうことする女子」には違和感?

 ・・・根底には結局、そんなことがあるような気もする。

 (その4)SNS

 立憲民主党の新宿での最終演説会で、福山氏は「新しい政治スタイルの幕開け」と言った。

 そのイメージの中には当然、台風が近づく中、SNSなどを通し8千人もの人がそこに集ったことが含まれている。

 確かに立憲民進党のSNS部隊は優秀だったし、SNSを通しての政治が大きな有望分野・成長分野であるのは明らかである。

 だが、衆院選総括②でも書いたように、現時点の「得票」に関してだけ言えば、その「風」は「関係者」が考えていた程には大きくなかった。

 立憲民進党ツイッターのフォロアーがまたたく間に20万人近くになったが・・・あれは本当に「すごい」ことだったのだろうか?

 実際には得票数の2%に満たない数字で、言い換えれば、98%の人はそれとはあまり関係なく、立憲民進党に投票したのだ。

 繰り返しになるが、SNSの力がますます大きくなることは確実。

 だが・・・ここからはその強みとそうでない所を、よくよく理解しておくことが大事。

 あまり重視しすぎるとロスに、また過信しすぎると思わぬ失敗につながりかねないということにも気づけた、2017年衆議院総選挙だった。

 (週末からは気分を「リセット:笑」するぞ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙総括④ 立憲民主党に求められる、HOW?の部分

 ここからの立憲民主党の喫緊の課題は、その公約や草の根からの政治を、一体「どうやって」実現していくのかという、いわば政策や組織内部の詰めである。

 政策面では原発、9条、情報公開などについては大体のところが見えるし、経済・景気対策についてもそれらを「家計消費から温める」という方向が出ているので、大体想像がつくが・・・ちょっとお手上げ状態っぽいのは財政危機への対応だ。

 自民党が言う「経済を立て直せば(あるいは少子化が解消し人口が増えれば)いずれ借金は返せる」といった、まさに「気合い」丸出しの戯言以外に、何か有効な対応策があるならそれで結構だが。

 財再破綻を回避する最後の手段として「相続税贈与税免除の無利子百年国債による国債の借り換え」という考え方を、私の大学時代の恩師である田村正勝早大名誉教授らが提唱しているので、是非、党として真剣に研究してみて欲しい。

自民党でも無利子国債自体の研究はされているようだが、国債償還分をこれに「借り換える」ことにより利子負担を減らし続けて行く、という点がポイントである。

 一方で、枝野さんが聴衆を熱狂させていた「草の根からの国づくり」についても、ここからはHOW(どうやって?)の部分の説明が要る。

 第1に、様々な立場の人がお互いに「分断・排除されることなく支えあう」ためにまず必要なのは、立憲民主党の中に「様々な現場、草の根の声」が集まる仕組みを構築していくことである。

 例えば、次の参院選候補者選びでは、女性議員や2030台議員の割合を増やすことはもちろん、障がいを持つ人、様々な職業経験者などなど「多様な国民の代表」がその中に含まれなければいけない。

 と、同時にSNSの活用含め、常に国民の皆様の声を集約できる体制を作っていくことが大切である。

 

 第2に、提案しておきたいのは「小学校区をベースにした、コミュニティの再構築」である。

 当方の家族は9人で長男は独立、妻と大学生長女と浪人生次男が蒲田、そして当方と父母、中学生男子2名が仕事・学校・介護の関係で神戸に住んでいる。86歳父親はは目がほとんど見えず、耳もほぼ聞こえず障害認定。83歳母は認知症の要介護4だ。

 では、なぜが当方が仕事をしながら彼らと生活できるのかというと、デイケア等通常の公的サービスに加え、ご近所のママ友がシフトを組み、平日昼と夕方に彼らの面倒を見に来てくれているからである。

 震災経験がある神戸はある意味、こうしたコミュニティ再生の先進地。   

 例えば当方が発起人の一人となった小学校の「父親の会」(パパレンジャー)10年以上、毎月のように行事(川掃除、ペットボトルロケット教室、体育館での避難所体験など)を続けている。地域のお祭りは勿論、六甲アイランドの盆踊りなど新しいイベントも壮観。以外にも毎年春には新住民むけの区内見学ツアーが組まれるなど、様々な主体者が自然体でコミュニティーづくりに関わっている。

 「共に支えあう社会」をどう再構築していくか?

これから様々なアイデアが出てくることと思うが、当方はその核をなしうるものの1つは、神戸のような「日本人ならやればできる」動きを、例えば「小学校区をひとつの単位に全国に広げて行く」ようなことではないかと思っている。

仮に、モデル校区を東京各区に1つ、各道府県に10ずつで始めれば500。そこでアイデアを出しあいながら、例えば町内で簡易な介護に関わる「(ボランティア)時間貯金」の実験をする。

もしそれがうまく行けば10年後には全国に「金はないけど(ボランティアを受けられる)時間を3千時間貯めてあるので取りあえず老後は安心」なんて人が何百万人もでてくるかも知れない。

あるいは少子化といいつつも、他方では待機児童が大問題になっている。 

ならば、もし小学校に空き教室があるなら、そこを保育所に貸し出せば一発解決???

・・・だとすればそういった、これまでの「規制」や「縦割り」の壁に阻まれたことを、特定の小学校区を一種の金がかからない特区と見立て、どんどん実験してみるといい。

第3に、そうした「支えあう社会」の大前提となるのは(本気かウソか、自民党も問題意識を持っている)「働き方」や「ワーク・タイム・バランス」に関する改革である。

 時短ワークシェアリングを取り入れながら、一方では正規雇用を増やしサービス残業をなくすとともに、例えば55歳からは週休3日、その代わりに希望すれば70歳くらいまでは働ける・・・そんな選択ができる社会こそが取りあえずの理想ではないかと、当方は思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

衆院選総括③  野党に足りないWHYの説明

  今回の選挙、中年層や団塊の世代は野党、とりわけ立憲民主党を支持した人が少なくなかったが、自民党は何と、若者の半数に支持されていたという。

 なぜだろうか?

 1つには野党の政策に若者が身近に感じられるものが少ない、ということがある。

 

 自分が19歳だったとしたら、原発や9条や財政破綻には多少の関心を持つかもしれないが、例えば年金、待機児童や高校無償化などはまだ(もう)関係ない話なので、多分どうでもいいだろう。

 むしろ気になるのは経済や景気の話で・・・そこに何となくアベノミクスの効果があって株価が上がり、求人倍率が高くなり、といったことが聞こえてくる。

 で、だったら(変化させて今以上に悪くなるくらいなら)アベでいいじゃん、という感覚になっているのだと思う。

 一方で、多くの野党はそもそもこうした経済や景気のことをメインイッシューにしていない。

 

 枝野さんなども

「株価は上がったかも知れないが、実感がない」と言うだけで、

そこの「WHY」をわかりやすく説明できていない。

 妻が新宿でおこなった演説は「近代史の中での立憲主義」をたった5分で説明する、手前味噌ながらけっこう優れものだったが・・・。

 http://idoido.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-b710.html

経済分野でも「なぜ好景気が実感できないのか」あるいは「なぜアベノミクスでは駄目なのか」をそのくらいの時間で説明できる議員が出てきて欲しい(海江田万里さん頑張って!)

 

 ちなみに、私なら今の経済状況をこう説明する。

 (1)たまたま最近は株価が好調なようだが、その恩恵は大企業や資産家など、実はごく一部にしか配分されない。

株価偏重策や大企業への税の優遇により、株など持てない庶民、非正規雇用に甘んじている方々、あるいは中小企業と大企業との格差が拡がる一方。

これが今の日本の姿である。

(2)一方では「円安になった」ことをアベノミクスの成果という人がいる。

だが、今や自動車や家電など輸出大手産業は海外生産が6080%で、円安になったからといって輸出数量は伸びない。

中小業企業との関係で言えば、仕事は増えず、また円安利益もなかなかそこには回ってこない。

それどころか、円安により海外からの原材料費は高くなる。

つまり「円安・輸出増大で景気回復を図る」という常識自体がもはや間違ったものになってきている。

「景気がよくなった」というプロパガンダに全く実感が伴わないのは、こうした理由からで・・・ 「株高・円安=好景気」だと伝えるマスコミの勉強不足にも原因がある。

(3)ちなみに、新卒の求人倍率がよくなっているのは主には少子化と団塊世代の大量退職によるもので、そもそもアベノミクスとは別に関係がない。

 以上。

 ここまでが5分バージョン。

 で、以下は15分バージョン。

  (4)アベノミクスが本当に今の時代にあった政策なのかをきちんと検証していく必要がある。

 

例えば、通貨供給量で景気調整するというのは、私が学生時代(35年以上前:)に流行った「マネタリズム」の考え方。

だが、今ではいくらおカネを刷ってもそれがまたたく間に世界中を駆け巡ってしまう。

また、先進国はどこももう「飽和経済」だから、そうしたおカネが何かに有効に投資されることにもそう簡単には繋がらない。

従ってその効果には疑問符がつく。

 

  (5)若い皆さんが最も不安に思っていることの一つは、日本経済自体が泥沼状態になってしまうこと。 

 日本の財政はヤバすぎる、というのはもはや中学生でも知っていることであり、若者の少なからずがこのことに不安を感じている。

 普通の人や企業なら、収入で借金の利子を払えなくなった時点で破産確定。

 その意味では1100兆円を越える赤字を抱え、一般会計税収が58兆円しかない日本の財政はすでに破綻寸前で、そう遠くない将来に「Xデー」が来る可能性がある。

 

 日本をこうした姿にしたのは自民党である。

 にもかかわらず、今だに「アベノミクスの推進による経済成長で財政赤字を解消」といった、今後の少子高齢化社会の急速な進展など考えれば、全くもって無責任極まりないお話をしている。

 財政破綻を回避するために、アベノミクスのあるかないか分からない成果に期待するのはあまりにも危険である。

 (6) 結局、一見回り道のようだが大事なのは、個人消費を増やす「下からの改革」。

 

 「格差を是正し、景気を家計消費から温めて行く」ことに力点を置くことこそが、一番まっとうなやり方である。

 私たちはそうした財政破綻の懸念も含め、地道ではあるが、日本経済を「下から」支えておくことが重要だと考えている。

 以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

衆院選総括② オリーブの木(機)は熟した

 立憲民主党は今回選挙で大きな追い風を受け大躍進したとされている。
 もちろん「アウフーベン」の末できたばかりの党が、
短期間によくぞここまで、という部分はある。
 
 が、しかしその内容的をよく見ると、
いわゆる「風」が吹いたにもかかわらず、
55議席のほとんどが「辛勝」どまり。
しかもその多くは「野党共闘」抜きには大変難しいものだった。
 
 
 なぜ「躍進」に水を差すようなことを言うのか?
 当選した各選挙区での得票や対戦相手を見れば一目瞭然
 このままでは大変マズイと思うからだ。  
 なぜなら、立憲の選挙区当選者で共産と闘ったのは
驚くなかれ「0人!」。
 
 比例復活含めても、共産との競合を勝ち抜けたのは
たった6人だけだった。
 次点候補との得票比較では、共産候補者がいても
勝てたと考えられるのは枝野さん、辻元さん。
 少し広く見積もっても長妻さん、赤松さんくらいしかいない。 
 

 以上を総括すれば、
①党の姿勢には高評価、イメージ戦略も全国的にある程度奏功
②市民連合など主導の野党共闘効果はよく言えば抜群だった。
③それらの結果、運のいい候補者は比例復活できた

(特に55議席中の7は比例単独候補)
④が、悪く言えば、野党共闘なしには
惨敗していても全くおかしくない選挙だった

 ということになる。

 そこで、ここからの話だが。

 今回の比例得票数は
 自民 1800万 公明690
 希望  960万 維新330
 立憲 1100万 社民94万 共産440万

 だった。 

 これを見るだけで、
野党が普通にやっている限り、自公政権は安泰。
 政権交代が再び起こることは絶対ないことが分かる。
  

 さて、そこで今後となるのは立憲から立候補した
6名が比例復活含め全員当選した、北海道のケース。 
 

 幸か不幸か、立憲民主党には
まだまだ候補者が全く足りない状況がある。
 が、ここで発掘を焦っては、小池塾やかつての維新のように、
熱意だけのチンピラ失業者が多数派となる互助組織に堕しかねない。
 

 そうした意味ふくめ、 まずは次の選挙までに各県1-2箇所ずつ、
共産党候補を野党統一候補にする選挙区を早めに協議すること。
 

 彼らの協力なしには多少の風が吹いても「ここまで」という現実を
「謙虚に」「100%」認識しておくことはとても大事なことで、  今回惜敗率など参考に、彼らに各県のどこを中心に活動継続してもらうか、
早めに決めておくことで、結局、立憲側の候補者発掘もやりやすくなる。
 

 次に希望の党との関係だが、
絶望することはあっても、また維新と合併することがあっても、
希望の党的なものは絶対になくならないと思う。
 なぜならそこに集った人や、民進の右にいた人の少なからずは
「政治家になることが目的」で「できれば自民党に入りたい人」だから。
 当方も松下政経塾出身なのでよく分かる。
 だから、あれを「踏み絵」と感じたのはせいぜい半数くらいだ。
 

 とはいえ、少なくとも次回は、希望の比例含む当選者や
非自民候補順位がトップの所には原則、立憲候補は立てないこと。
  

 そんな感じで早めの「お互い様」協議をしていくことにより
今なら意外と簡単に「オリーブの木」はできる。
 自公vsオリーブで、そう遠くない先に政権交代もありうるし、
9条は国民投票に委ねざるを得なくなるかもだが)
少なくとも原発をストップできる可能性が出てくる。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆院選総括① (少なくともわが家の)歴史に残る演説

 2017年10月21日、新宿駅前にておこなわれた「立憲民主党・東京大作戦FINAL」の様子です。

 聴衆なんと8000人!

 当方妻も、選挙区に応援来ていただいていた小島慶子さんつき(笑)で参加。

 トップバッターとして「10数年来の盟友」である、枝野幸男さんの前座を務めました。

 https://www.youtube.com/watch?v=QDaifUegJTI

 https://www.youtube.com/watch?v=EWT4gtQuoUA

  https://www.youtube.com/watch?v=dNo0-IL6YWM&feature=share

 

  そもそも自民党が強く、加えて非自民票が立憲・希望・共産に割れ、おまけに選挙当日には台風直撃!

 そんなこともあり結果は厳しいものになりました(次点)が、いいご関係者に恵まれ、本人的にも超・充実した日々だったようです。

 その一端として、関連映像の一部もご紹介します。

 映像スタッフさんとのコラボ(以下も同じ)

 https://www.youtube.com/watch?v=UBn1nqdCz7o

 ぼうごなつこさんとのコラボ

 https://www.youtube.com/watch?v=9NhWZl43EE8

 地元議員各位+石井としろうさん とのコラボ

 https://twitter.com/twitter/statuses/920451423644479488

  立憲ベイビーとのコラボ

  https://www.youtube.com/watch?v=OE52PEI06pE

 (ツイッター中に埋もれてしまうの、何だかもったいなくて・・・)

 詳しい選挙戦の様子は  http://www.idomasae.com/

 選挙前には「まだやるんか? 絶対今回で最後にしてや」と言っていた理解ない夫ですが・・・まあ立憲民主党については大いに感じる所もあるし、「需要があるなら」行くとこまで行ってくれ、って感じもしてきましたね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

終わりの始まりの終わり を詠める

 
 朽ちはてて
 日本のこころ偲ぶれど
  秋なほ寒し
 もりかけの側(そば)




  (解釈:私の生命はもう尽き果てかけており、
          日本のこころが失われるのも確実になった。
      ざる蕎麦にはもう寒く、
      町にはかけ蕎麦しか食べられない人が増えている。 
      衰えているのは「こころね」ではなく、
      むしろ心臓そのものかも知れない。
      そんな国の秋であることよ)



 返歌


 百合の花 
 いしんあべしん 合うふう弁
 前原の枝 朝 山桜?
 
 (解釈:多くの人が百合の花の下で意気投合したけれど、
     結局は食い荒らされ、自滅してしまった。
     荒れ果てた野原にも、
     春になれば朝日の下、
     桜の花が咲くことになるのだろうか?)


 
 
 
 
 






 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

こんな日が来るとは

 民進党の両院議員総会から数日間はさすが「緑のタヌキ」、いやはや大したタマだと思っていた。

 しかし、日を追うごとに「緑」が目指すのが第二自民党だということがはっきりしてきて・・・「排除」「踏み絵」「側近離脱」、あるいは前原氏「想定内」発言と続き、民進党関係者ならずとも話が全く違うものになってしまった。

 民進党はあくまで過渡期的な政党であれはあれでよかったという説もあるが・・・「緑」的には(どうせ「何者かになる」ことだけが目的なのだから)打倒安倍・二大政党・憲法議論くらいに方針を絞り全てを「包括」しておけば、当面資金や組織的支援を手にでき、またその本性がかくも無残に暴かれることもなかったのだろう。

 急激に拡大する「夢」に目がくらんだ? イメージ戦略の読み違い? あるいは前原氏捨て身の「加入戦術」(佐藤優さん説)に怯んだか?

 いずれにせよ「そうならなかった」のは多くの国民にとり幸いだったが。

 こんな日が来るとは。

 〇   〇   〇

 そんな中、思わぬ形で弁証法的誕生?を果たすことになったのが、枝野さんの「立憲民主党」である。

 で、昨日、同党の東京公認候補発表があった。

 http://www.asahi.com/articles/ASKB45JN4KB4UTIL031.html

 http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/news/post_141755/

 こんな日が来るとは。

 インチキ解散に端を発した大騒動の決着は、ひとまず10月22日につく。

 ①立憲民主+社民+共産で3分の1議席取れなければ、憲法9条は多分すみやかに改正へ (本当に皆それでいいの???)

 逆に 

②自公が過半数割れし、希望政策の中に立憲民主等が飲める可能性があるものがあれば(例:企業の内部留保への課税→消費税凍結)その実現も夢物語ではなくなってきている

 ・・・のだから、(政治関係者以上に)国民にとって「大変」なことだ。

 いやはや、まさしくこんな日が来るとは。

 〇   〇   〇
 さて、この間の話題に、
立憲民主党のツイッターがまたたく間に
10万以上のフォロアーを獲得し、
自民党をなどなどをぶっち切ったことがある。
 http://www.sankei.com/smp/politics/news/171005/plt1710050156-s1.html 


 で、そのMVPと言われているのが「立憲民主君」。
 https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171005/k00/00m/010/116000c

 「立憲民主党から公認もらってんの?」と質問を受けた立憲民主くん
 「こ、公認って、いくら貢いだらいただけるんですか。ってそれは #希望の党」
 ↑ こういうの大事!

 

 あまりにも不憫と民進党発足の日に本部より持ち帰られ、蒲田の妻宅でひっそり肩身狭そうに余生を送っていた「民主君」(本物2体中の1体?)にも、思わぬ所で「再チャレンジ」の場が与えられることになった。

Photo

 ・・・まさか、こんな日が来るとは。

  〇   〇   〇

 後日談

 ちなみに当方妻のHPはこちら

 http://www.idomasae.com/

 「彼」にもほどなく支援者の方より、リッケンバッカーがベーシック給付されています

171011minshukun 171011minshukun2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »