« GW明けの仕事 | トップページ | 4匹の鼠 »

2017年6月19日 (月)

父の日の至福

 中三4番目は野球部で捕手兼二番手投手(学校は大阪府茨木市)。中二5番目は親の跡を継ぎ?陸上長距離をやっている(学校は神戸市須磨区)。

 5人の子育て経験者にしてそうあることではないのだが・・・ついに日曜日、その大事な試合が重なってしまった。

 朝5時に二人を起こし5時半に出して二度寝 → 9時50分からユニバー競技場(神戸西部)で5番目の3000m決勝 → 10時半から茨木(大阪から京都方面へ15キロ?)で4番目準決勝 → 勝てば引き続き12時半から決勝 → 5番目の1500m決勝が15時から。

 高須クリニックにヘリでも借りない限り、どれかを諦めなければ成り立たないスケジュールになった。

 
 
 実は4番目は高校で野球を続けるかどうか迷っており。
 プチ反抗期らしく試合は「別に見に来なくてもいい」と言っているが・・・当方にとってもこの夏が、3番目時代から延々10年以上続く「野球人生」の最終章になる可能性がある。

 仮に高校まで続けたとしてももちろん試合に出られるかどうかは分からず。また、出られたとしても全国最激戦区の大阪で優勝争いする機会などなかなかないことも確かで・・・そうした意味でも、最後のチャンスかも知れない1日だ。

 チーム事情的にはエースM君が前日の準々決勝を投げている。だから、2試合のどちらかは奴が投げなければということになっているらしい。が、午前の準決勝を奴でしのぐか、それとも決勝を奴ふくめた総力戦で行くかは、準決勝前に判明する決勝相手チームの戦力を加味した、直前の監督判断となる。

 

 片や5番目の陸上は、兵庫が全国最高レベルである。

 小学校以来これまでのすべての試合(=成長の過程)を見てきているため、それが途切れるのはかなり残念だ。  

 ついでに言えば、事情あって先週は二度ほど深夜に自宅近くで直前調整を見ており・・・前夜には先生からも電話を頂戴している。

 ・・・こちらにも行かない訳にはいかない。

 

 要するに、4番目が投げている姿は是非見たいところだが・・・朝からそちらに行ってしまうと、決勝に進んだ場合、5番目の試合を全てスルーすることになってしまう。

 4番目は「準決勝はどちらが投げても多分勝てる」と言うが、5番目の試合に行く限り、投げている姿をちゃんと見られる確率は2分の1。5番目の朝の3000mを観たばかりにそれに間にあわなかったり、さらにはすでに負けてしまっているというリスクもある(この場合は5番目の両種目は観ることができるが、それは起こらない方がいい)。

 てな話の中での選択。

 

 そのことを、妻にラインすると。

 彼女の返事は「父の日なのに:笑」。

 ???
 
 ・・・彼女、どうも何か重大な勘違いをしているらしい。
 
 

 自分的には特に、この日が「父の日」だという自覚は全くなかったが。

 いずれにせよ残り少ない親業。

 下二人の子どもたちがそれぞれ悪くないレベルで闘っていること以上に、ゴルフや愛人との海外旅行や昼寝や植木の世話の方が面白い、はずなどないだろう。

 今頑張らずに、いつ頑張る?(大徳寺大仙院HPより)

 結局、「4番目野球は決勝まで残ると信じ、ユニバで3000m見て茨木に移動。準決勝の最後だけでも観戦し、勝てばそのまま残り、負けたらまたユニバに戻る」ことにした。

 

 てことで、まず5番目の3000m。

 結果は3年生にまじり区で6位。この日前後に全区で同様の大会が開かれており、記録的には市の2年生全体で10位くらいか?

 大したレベルでは全くないが、奴にしてはまずまずだ。

 最後1周はいつものごとくヘロヘロになり、自己記録の更新も少しだけだったが、ラスト1周まで集団近くにいれたなど、内容的にもよかった。

161209nengainase_2

 

 途中の通過ですでに1500mの自己記録を更新していたので、午後までの過ごし方や入りのペースを少しアドバイスし、一路大阪へ。

 地下鉄ー新長田で各駅ー神戸で新快速ー新大阪で各駅ー茨木ータクシーと乗り継ぎ、球場着は11時40分。

 ・・・残念、準決勝はちょうど終わったところだった。

 応援のお母さん方に聞くと、試合は「4番目が完投。6-2の勝利。いやはやホント健気に投げてくれた」とのこと。

 自分んちだけ誰も見に来てないのに(笑)・・・よくやったぞ!

 ほっとしつつ、投げるの見ときたかった(やはり作戦失敗だったか?)という後悔も少し。

 

 そして。

 12時半よりいよいよ決勝戦。

 捕手として、本殺、盗塁阻止などそれなりに活躍し、連投エースM君の踏ん張りもあって6-5でみごと(4番目の名前:海如)勝利した。

 

 (優勝バッテリー写真:倅=小柄な方 が投げる時はM君がキャッチャー)

170618yakyu_2

 

 その1時間半後。

 祝勝会の喫茶店で入ったのは・・・5番目からの「1500mの自己記録一応6秒更新」というメールだった。

 再度言わせてもらおう。

 実際にはもうワシなぞいてもいなくても一緒なのだが・・・お前もよく頑張った(笑)。

 

 日に日に成長していく最後の子どもたち。

 自分が(2年半前から同居している)父母のようになった時、

こんな日を

「最高の父の日」として思い出すのかも知れない。

|

« GW明けの仕事 | トップページ | 4匹の鼠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79824/70909343

この記事へのトラックバック一覧です: 父の日の至福:

« GW明けの仕事 | トップページ | 4匹の鼠 »